AGAになると、以前はもう薄毛を我慢してなるようにしかならないというのが、主流だったかもしれません。

ですが最近は、AGAの治療法も段々と確立されつつあり、AGAにも光明が差してきているのです。

ではAGAの治療法は、どのように行われるのかというと、まずは抜け毛とかAGAの原因となるとされているDHT…ジヒドロテストステロンという物質を生みだしている原因となっている、5αリダクターゼという酵素の発生とか働きといったものを抑えてあげるということが、一番の近道であるとされているのです。

ですが、この5αリダクターゼの発生を抑えるという治療法の他にも、現在はいろいろな民間療法も確立されつつありますし、さらに効果的な育毛剤とか、育毛に効果が期待できるサプリ等も誕生しています。

そのような中で、最近はさらに便利にAGAを治療できる治療薬として、飲んでAGAを治療する薬というのも登場してきています。

それがAGAの治療薬、フィナステリドなのです。

このフィナステリドの登場で、それまで多くの人が悩まされていた薄毛とか抜け毛といった症状の進行を遅らせたり、薄毛の改善、さらには薄毛自体の治療効果というのが期待出来るようになったのです。

ただし、このフィナステリドというのは画期的薬ではありますが、男性機能不全とか性欲減退、といった性機能を低下させるなどの副作用が発生する場合もあります。

しかも妊娠中の女性になると、触るのもいけないという注意書きもあります。

取り扱いには注意しましょう。

気になった方は、AGA(男性型脱毛症)治療|AGA治療・薄毛治療の専門病院AACクリニック名古屋の無料カウンセリングを利用するとよいと思います。